読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1143883
0
生涯未婚時代
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
スターター・マリッジに見るこれからの結婚と幸福

『生涯未婚時代』
[著]永田夏来 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アメリカのジャーナリスト、パメラ・ポールさんは『「短命結婚」の時代─スターター・マリッジ症候群』(原書房)にて、二〇〇〇年代にアメリカで注目を集めたという新しいタイプの結婚、スターター・マリッジについて書いています。


 恋愛にも積極的で高学歴のパワーカップルが大学卒業後二〇歳代のうちに結婚するが、関係がうまくいかず、子どもを持たないまま五年以内に離婚する。これが典型的なスターター・マリッジです。ポールさんの取材によれば、一九六五〜七八年生まれのジェネレーションXと呼ばれる世代によく見られるものだそうです。女優のアンジェリーナ・ジョリーさんやドリュー・バリモアさんなどがスターター・マリッジの当事者として紹介されています。


 五年以内に離婚するスターター・マリッジを「軽はずみな結婚」だとみなしてしまうのは簡単なことです。しかし、ジェネレーションX世代は結婚や家族に保守的な考え方を持っていて、「まさか自分が離婚するなんて思ってもみなかった」「真剣に交際して結婚したが、若さもあって見通しが甘かった」と語るケースが多いとポールさんは言います。


 自分自身が離婚家庭の出身である反動や親への反発から、ジェネレーションXは堅実な家庭に対する憧れが強い傾向にあるそうです。「なるべく早く結婚し、子どもを育て、家庭を築きたい」と考えたコンサバティブで高学歴のパワーカップルは、二人で協力して理想的な家庭を作ろうと努力しています。しかし家族に対する理想が強ければ強いほど、些細な違いが大きなギャップとなり、結局は離婚という結果に辿りついてしまうというわけです。


 アメリカのスターター・マリッジの事例が教えてくれるのは、安定した家族を志向すればするほど「相手との関係の居心地の悪さ」から目を背けるのが難しくなるという事実です。


 日本における離婚も似たような傾向があり、結婚して五年以内の離婚が統計的にも最も多いことが確認できています。当時のアメリカと比べても現在の日本は離婚を避けようという意識がまだ強く、結婚に対して慎重さがあります。しかし日本版のスターター・マリッジとも呼べるようなケースは私の周りにもしばしば見られるようになりました。


 東京でフルタイム勤務をしている三〇歳代のGさん(女性)は「初婚は失敗して当たり前。結婚のうちに入らないですよ」と言います。二八歳で結婚して二年ほどで離婚し、新しいパートナーと再婚したばかりだというGさんは、「とにかく結婚しなくては」という思いと親のプレッシャーから「焦って結婚して失敗した」と言います。結婚して初めて気がついた生活上の困難とは、彼女の場合は夫の「プチ暴力」、家事とキャリアとの両立でした。

「私が完璧に家事をやって、仕事から疲れて帰ってくる夫のサポートに徹していれば、夫もあそこまで荒れなかったのかもしれないです……。でも、ちょうど私も昇進して仕事が忙しくなってきた頃で。家でごはん作って待ってて欲しかったのは、私も同じだったんですよ」


 結婚後間も無くGさん夫婦は口論が絶えなくなり、夫が「キレて物にあたるようになった」のをきっかけにだんだん家にいづらくなっていきました。「これじゃ結婚している意味がない」と思うようになったと、Gさんは言います。離婚はたくさんのエネルギーを使いますし、周りを巻き込みますから、なるべく避けたいのは言うまでもありません。しかし結婚したものの子どもを持たないで離婚したという友人たちの話を聞いていると、スターター・マリッジを経て初めて対峙できる問題というのもあるようです。


 それは自分自身を縛っている「結婚とはこうあるべきだ」という理想像です。


 水谷さるころさんの『結婚さえできればいいと思っていたけど』(幻冬舎)はまさにこの問題を取り上げたエッセイ漫画です。三〇歳までに絶対結婚したいとのことで結婚したものの三年ほどで離婚したという自分自身の経験について、結婚したことで「これからの人生がどうなるのか」というモヤモヤから解放されたと水谷さんは言います。しかし結婚したいとの思いが強すぎて、相手との関係や周りの意見が当時は全く見えていなかったという問題がありました。水谷さんはその後別のパートナーと事実婚することになります。一度結婚を強行したことによってようやく焦りから解放され、自分の人生や周囲の人間関係に対する客観性を得るに至った様子が本作では描かれています。


 結婚に向かってがむしゃらになることは時には大切かもしれませんが、実は自分だけではなく周囲を巻き込みながら「結婚」という理想に振り回されているという側面があります。自分が抱えている不安感や焦燥感は、「結婚」すれば本当に解決するのかは丁寧に考える必要があるでしょう。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1951文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次