読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1143918
0
炎上する世界経済
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
デイヴィッド・ロックフェラーの正体

『炎上する世界経済』
[著]鈴木啓功 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 二〇一七年三月二十日、米国ロックフェラー家の総帥、デイヴィッド・ロックフェラーが死去した(享年百一)──。本書の立場からは「米国ロックフェラー家」は「悪魔」である。




 彼らは──欧州ロスチャイルド家と「地球支配権」をめぐって──「猛烈な権力闘争」を繰り返している。これについては先に述べた通りである。だが新聞はそれについては論じない。


 それだけではない。彼らは日本国民を洗脳する。新聞の「追想録」は「日本の役割重視を訴え デビッド・ロックフェラーさん(実業家)」と題して、次のように書いている。


──二〇一七年の資産額は三十三億ドルで「世界最年長の億万長者」(米フォーブス誌)とされた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1519文字/本文:1811文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次