読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1143920
0
炎上する世界経済
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
欧州ロスチャイルド家はどのように浮上してきたか

『炎上する世界経済』
[著]鈴木啓功 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 もう一度、先の図表を見てほしい。ここまでの結論をまとめておく。


十八世紀=欧州世界は「黒い貴族が支配する世界」である



 このような世界(黒い貴族が支配する世界)に「欧州ロスチャイルド家」が存在した。


 では彼らはどのようにして浮上してきたか。それを述べる前に「重要な一点」を述べておかなければならない。それは「欧州ロスチャイルド家の血脈」だ。


 欧州ロスチャイルド家は「ユダヤ人」と言われている。だが彼らは(真実には)「ユダヤ人ではない」のである。それはどういうことなのか──。


 真実のユダヤ人とは(二千年前に)「イエス・キリストを殺した集団」だ。その後、彼らは世界中に離散して、中世には「イベリア半島」(スペイン)に住んでいた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1439文字/本文:1752文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次