読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1143930
0
炎上する世界経済
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本国の「バブル経済崩壊」は「テロと戦争の時代」を告げる号砲

『炎上する世界経済』
[著]鈴木啓功 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 次の図表を見てほしい(「一九九〇年=バブル経済崩壊と同時に『三段跳びの時代』が始まっている」)──。




 先に結論を言うならば──一九九〇年代、日本国のバブル経済崩壊と同時に──地球支配階級による謀略世界は「三段跳びの時代」が始まっている。


透視①=一九九〇年代は「謀略世界=ホップの時代」である

透視②=二〇〇〇年代は「謀略世界=ステップの時代」である

透視③=二〇一〇年代は「謀略世界=ジャンプの時代」である



 さてもう一度、図表を見てほしい。一九八〇年代から話を始める。


一九八〇年代=スタンバイの時代(東西冷戦とバブル経済の時代)



 東西冷戦の世界は「仕掛けられた謀略」であったことは先に述べた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2339文字/本文:2638文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次