読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1143973
0
炎上する世界経済
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
米国ウォール街の正体は「愚者を搾取する経済奴隷市場」である

『炎上する世界経済』
[著]鈴木啓功 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 米国の経済拠点が「ウォール街」と「米国中央銀行FRB」であることは言うまでもない。


事実①=ウォール街(ニューヨーク株式市場)の株価動向は「日本経済」を直撃する

事実②=米国中央銀行FRBの金利動向は「日本経済」を直撃する



 次項では「ウォール街」を考察し、次には「米国中央銀行FRB」を考察する。両者の本質を明確に認識することは現代世界経済(近未来世界経済)を透視することに直結する──。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:258文字/本文:453文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次