読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1143976
0
炎上する世界経済
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
米国中央銀行FRBは「バブル経済を崩壊させる戦略」である

『炎上する世界経済』
[著]鈴木啓功 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 本章の冒頭では、近未来の世界経済情勢について次のように予測した。


二〇一八年=トランプ・バブルは崩壊する



 そのメカニズムはどうなっているか。ここでは要点だけを指摘する。


二〇一七年=米国中央銀行FRBは(繰り返して)「金利」を上げていく



 米国中央銀行FRBの「金利上げ」は「バブル潰し」の伏線である。だが彼らは一気にはそれをしない。それでは動きが見え見えだからだ。彼らはチビチビと繰り返して金利を上げる。


 なぜこうなるか。右の動きの背後には「トランプ大統領(米国ロックフェラー家)vs.イエレンFRB議長(欧州ロスチャイルド家)の権力闘争」が存在する。さらにその背後には「欧州中央銀行ECBの動き」(欧州ロスチャイルド家)も存在する──。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1543文字/本文:1863文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次