読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1143982
0
炎上する世界経済
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
トランプが「シリア攻撃」を開始した理由

『炎上する世界経済』
[著]鈴木啓功 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 二〇一七年四月六日午後八時過ぎ(日本時間七日午前十時過ぎ)、米軍は地中海に展開する巡洋艦からシリアの空軍基地に向けて五十九発の巡航ミサイルを撃ち込んだ。


 新聞は「力誇示 突然の武力行使 米、シリア軍を攻撃 安保理合意なく単独行動」と題して、次のように書いている。


──米軍はシリア時間(引用者注・四月)七日早朝(日本時間同午前)、シリアのアサド政権への初めての攻撃に踏み切った。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:906文字/本文:1095文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次