読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1144036
0
消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

市区町村の数だけ、そこに生きる人々のドラマがある



 平成の大合併でたくさんの市町村が消えて寂しいという人が多いようです。


 明治の前半に現在の形になってから1世紀以上もほとんど変化がない都道府県と違って、市町村は7万ほどあった江戸時代以来の「ムラ」を1万5000ほどに整理して1889(明治22)年の市制・町村制施行で発足し、そのあとも合併を繰り返してきました。都道府県の変遷については、『消えた都道府県名の謎』(イースト新書Q)に書いています。


 昭和のはじめに都市発展にともなって市街地化した郊外の町村の合併という動きがありました。(しん)宿(じゅく)(しぶ)()が東京市に、(ふし)()(やま)(しな)が京都市に合併されたのはこのころです。


 戦後は昭和の大合併を経験して村が少なくなり、ほとんどが市か町になっています。


 3000市町村体制は安定して半世紀ほど続き、合併や新しい市の発足が散発的にあり、平成の大合併で2000ほどに減りました。


 都道府県の名称がほとんど都道府県庁所在地の名か、その所在する昔の郡の名であるのに対し、市区町村名ははるかに複雑で多彩な発足の歴史を持っています。


 (りょう)(せい)(こく)名や郡名と同じように、古代にさかのぼるヤマト言葉の由来があって、語源がよくわからないものもたくさんあります。その場合は普通、漢字に意味はありません。もともとあった地名を(まん)(よう)()()にしたり、そのあとでいいイメージの漢字に変えたりしたものです。


 城下町の多くのように、その町や村を開設したときに為政者が思いを込めて名づけたものも多くあります。地形に着目したものも多くありますし、(いく)()神社の領地であったことに由来した(こう)()のように寺社仏閣や、()(ちゅう)のように官庁に着目したものもあります。


 明治以降は市町村合併のときに複数の市町村の合意を得るのに好都合なものを探った命名が多くなります。合成地名と呼ばれる、2つの地名から1文字ずつとって合体したものがその典型です。


 より大きな地域を指す令制国名、県名、郡名などを拝借したり、そこに東西南北をつけたりすることもあります。中心的な都市や集落の名や、ブランドイメージのいい地名を採用し、それにあやかる場合もあります。


 そういった配慮は昔からありましたし、最近では難しすぎる漢字を避けたり、発音しやすく聞き取りやすい名称を選んだりするトレンドもありますし、ひらがなやカタカナの市町村名も増えています。


 本書では、そういったさまざまなタイプの市区町村名が、なぜ成立していったかを明らかにし、みなさんがふるさとや、いま住んでいる地域の由来を知る一助にしていただきたいと思います。


 なお、本書で取り扱う市区町村名は、市制・町村制施行のあとに発足した名称のみを取り上げています。それ以前にあった()()時代以来の「ムラ」などの名についてはデータに含まないことを、あらかじめ記しておきます。


 市制・町村制施行以降の消えた市区町村名については太字にしています。たとえば、岩手県(いわ)()(たき)(ざわ)村が市制施行して滝沢市になった例で示しますと、「滝沢村」は消えましたが、「滝沢」という名称は変わっていませんので、太字にしていません。ただし、()()()(もり)(やま)区になった愛知県(もり)(やま)など、行政区になった自治体は太字にしています。


 町村名のよみがなのうち「町」「村」の部分の「まち」と「ちょう」、「むら」と「そん」については、現在は明確になっていますが、昭和以前には資料によって異同があるため、(むい)()(まち)のように地名と一体化している場合を除いて割愛させていただきました。


()(わた)(かず)()

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1610文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次