読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1144050
0
消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ルーツ(6)──瑞祥地名

『消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

じつはめでたい地名だった全国各地の「松山」


 めでたい意味の言葉を使った瑞祥地名は、地名マニアから安直だと評判が悪いようです。そんなことをいえば、都道府県庁所在地では青森市、(もり)(おか)市、仙台市、福島市、富山市、(かな)(ざわ)市、福井市、岐阜市、静岡市、(まつ)()市、高松市、徳島市、松山市、高知市、広島市、福岡市、宮崎市あたりは、みんな瑞祥地名ではないでしょうか。


 松山が所在地の藩は出羽国、(びっ)(ちゅう)国、伊予国と3つあり、版籍奉還のときに出羽国の藩は(まつ)(みね)藩、備中国の藩は(たか)(はし)藩に改称されました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1522文字/本文:1804文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次