読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1144054
0
消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
藩名と市町村名の微妙な関係

『消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

藩名があまり市町村名に残らなかった理由

『消えた都道府県名の謎』(イースト新書Q)で説明しましたが、藩は1869(明治2)年に初めて公式名称になったもので、江戸時代は存在せず、正式な藩名はありませんでした。正式な藩名は同年の版籍奉還で出現し、1871(明治4)年の廃藩置県で消えたものです。


 藩名はすべて所在地名のため、(ちょう)(しゅう)藩、薩摩藩、会津藩などという名称の藩は存在したことがなく、明治以降に生まれた俗称にすぎません。長州藩、薩摩藩の正式名称は山口藩、鹿児島藩で、版籍奉還より前に転封させられて斗南藩になっていた会津藩は正式名称すらありません。


 廃藩置県の時点では261藩がありました。版籍奉還から廃藩置県までのあいだに廃藩になった20藩を含むと281藩になりますが、そのほかにも藩の改廃や名称変更がありました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2841文字/本文:3206文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次