読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1144062
0
消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大都市に合併された悲運の市

『消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

大都市に合併されて消えた市〈東日本編〉


 戦後に発足して消えた市は全部で86市、大きな市に編入合併されたのは16市です(表12)。ここでは形の上では新設合併のものも含めて説明します。





 ()(りょう)(かく)がある北海道(かめ)()は函館市のベッドタウンとして発展し、市制施行しましたが、2年後に函館市に編入されました。以前にも函館港を拡張するために海岸部を函館市に譲ったことがあります。


 宮城県(いずみ)は泉パークタウンという三菱地所などが開発した仙台近郊のニュータウンがありましたが、政令指定都市を目指していた仙台市に編入され、泉区になっています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2286文字/本文:2570文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次