読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1144076
0
消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「郡」はどんな役割があったのか

『消えた市区町村名の謎 地名の裏側に隠されたふるさとの「大人の事情」』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

意外に合理的な地域区分だった律令制以来の郡


 律令制以来の郡は長らく行政単位ではありませんでしたが、河川の流域などを考慮した自然の摂理に合った区分でしたから、住民の意識のうえでは帰属意識が強く根づいたものでした。すでに説明したとおり、大区小区制の行きづまりののち、1878(明治11)年の郡区町村編制法の施行によって郡を復活させ、町村の再活性化が図られました。主要都市に区が設けられて郡から離脱し、市制・町村制施行のあとは市に引き継がれ、市になると郡から離脱することになっています。


 郡会議員は3分の2が各町村議会の互選、残りが所有地価1万円以上の大地主の互選(のちに直接選挙による選出)、郡参事会は郡長と府県知事が任命する郡参事会員(名誉職)によって構成されていました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1413文字/本文:1748文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次