読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1144083
0
『愛する人』と結ばれる女性、結ばれない女性
2
0
13
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『『愛する人』と結ばれる女性、結ばれない女性』
[著]井上敬一 [著] 中島孝志 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
13
| |
文字サイズ

──井上敬一さんのこと 中島孝志



 井上さんをはじめて見たのはフジテレビの人気番組「ザ・ノンフィクション」。
(ホストか。女を食い物にする仕事なんてよっぽど自分に自信があるんだろう)
(イケメンじゃないとね。酒強くないとやってけないし、体育会のノリ)
(若いうちしかできないな)


 第一印象はこんなもの。番組を見てると、まったくの誤解であると即、判明。なにより、彼はイケメンではなかったのです(ごめん!)。

 そして、部下のために東奔西走する世話好きの男でした。トラブルの尻ぬぐいで土下座。とてもとても格好良さを売る商売ではありません。こんな無様な姿、贔屓する女性客たちには見せられないな、と思う反面、意外にホストビジネスに命を賭けてるんじゃないか。逃げない姿勢には感動すら覚えてしまったのです。


 なかなかの「男前」。顔やスタイルではなく、生き様がね。


 番組は視聴率がよかったらしく、その後、毎年制作されることになりました。ま、ネタが尽きないほどハチャメチャな世界ですよ、この業界は。


 彼がつくったホストクラブ「紫苑」は関西ナンバーワン。名物オーナーの評判を聞きつけ全国から野心溢れる若者たちが集まってきます。暴走族に少年院上がり、エリートコースとはほど遠い社会の片隅の生物。生き方の下手な連中、しかも溢れるエネルギーばかりが集まって爆発しないわけがありません。反発、喧嘩、使い込み、裏切り……トラブルを起こす若者たちには親か兄のごとく、ホストを忌み嫌う親には遠く実家まで出向いて説得。

 東日本大震災では、店の経営をほったらかして被災地支援。いくらなんでも、これではプロ意識の高い若者たちと溝ができるのは時間の問題というもの。よせばいいのに、面倒ばかり引き受ける。おそらく「業だから」としか私には考えられません。


 修羅場の数はハンパじゃない。顧問税理士が脱税で逮捕。これに関連して彼と会社が在宅起訴される始末。追徴課税1億円。嫉妬と裏切りの世界。彼を潰そうとする勢力の差し金であることは私でも気づきます。


 哀しかったこと。客が離れ、部下も離れ、親しくしていた仲間も離れ、孤立無援になったこと。


 人が信じられなくなった瞬間でしょう。部下たちが店を再開しても立ち上がらない。
『ホストの前に男やろ、男の前に人間やろ』という著書のタイトルはそのまま井上にぶつけるべき言葉だったのかもしれません。


 ホストの世界を離れ、いま、彼はラジオのパーソナリティや講演活動を展開中です。「ザ・ノンフィクション」で人気沸騰。天国から地獄を経験した彼ほど「人間通」はいないでしょう。


 私と出会ったのはそんな頃でした。大昔に書いた著書『人脈がいっぱい』(ダイヤモンド社)をバイブルにしていたようで、主宰する原理原則研究会に共通の知人を通じて入会してこられたのです。

 静かにノートをとる無口な経営者。それが最初の印象でしたね。
(……どこかで見たことあるな)

 とにかく無口なのでこちらから聞くしかない。
「実は……」
「ああ、あの番組ね」

 ホストクラブのオーナーが私の講義を聞いて経営に参考になるかどうかはわかりません。しかし、人間についての勉強はおおいに役に立ったようです。


 そんな男が女性の恋愛指南をしよう、というのですからおもしろい。
「追いかけてはダメ。待つの……」

 ブルゾンちえみさんじゃあるまいし、追いかけてこその恋愛だろうと思うけれども、なんといっても、修羅場の数がちがいます。ここは井上メソッドを受け容れるべきでしょう。


 考えてみれば、クジャクにしてもライオンにしても「美」を競って闘うのはいつも男です。なぜか? 男は女に選ばれるモノですから必死に美に磨きをかけるわけです。女の目を引くように姿形も派手にアピールするのも命がけ。

 ところが、人間界では女性のほうが男に選ばれようと懸命に努力しています。化粧もダイエットもしゃれたファッションも男を喜ばせるため、と言ったら言い過ぎでしょうか。けど、少なくとも「自然界の法則」に反している、と彼は考えています。

 恋愛の井上メソッドは自然界の法則に戻ること。ムリしないで愛する男性を射止める方法が描かれています。

 ホスト時代に1日で1600万円を売り上げた、という武勇伝にしても、かなりムリしていたのではないか、と思う反面、5年連続ナンバーワンをキープし、オーナーに転身するなど、ムリするよりも自然流でなければ続けられないでしょう。

 男心は事業家を続ける中で鍛えられ、女心は疑似恋愛の世界で繰り返された百人組み手。延べ1万人超の女性を接客してきた中で培われたノウハウ……。

 初めて電子書籍書き下ろしです。ぜひ井上メソッドをマスターして「愛する男性」をゲットしてください。


中島孝志

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
13
残り:0文字/本文:1943文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次