読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1144194
0
日韓“円満”断交はいかが? − 女性キャスターが見た慰安婦問題の真実 −
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第一子・晋殿下の不可解な死

『日韓“円満”断交はいかが? − 女性キャスターが見た慰安婦問題の真実 −』
[著]大高未貴 [発行]ワニブックス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 方子妃殿下の人生の中で最も苦しかった出来事は、第一子である(しん)殿下の不可解な死であろう。結婚した翌年に誕生した晋は、1922年に生後約9ヶ月で逝去。李垠・方子夫妻と一緒に日本からソウルに帰国後、緑色の嘔吐物を吐いて死亡したのだ。方子妃殿下は、この時の心境を著書『流れのままに』(啓佑社)の中でこう書いている。

『石造殿西側の大きなベッドに、小さな(かな)しいむくろを残して、晋の魂は神のもとへのぼっていったのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1264文字/本文:1475文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次