読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1144461
0
要領のいい人・悪い人 「ウマイことやる」生き方のコツ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
〈要領の極意その二〉その仕事について「考えるタネがなくなる」まで考えること

『要領のいい人・悪い人 「ウマイことやる」生き方のコツ』
[著]中山正和 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 これで、西洋的な「求めよ、しからば与えられん」と、東洋的な「妄想するなし」は、結局は同じことであることが証明できたわけです。ただそのアプローチの仕方が違うだけなのです。


 ヘリゲルさんが的を射ることについて「考えた」上で自分の方法を「発見」したのは、確かにその問題に関する☆記憶の自発によるものと言えます。しかし、師匠の目から見たら彼はまだ「タネがなくなるまで」考えてはいないのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:430文字/本文:622文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次