読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1144538
0
女20代 「私」を信じる(大和出版) 自分らしい人生へのヒント
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
14 こうすれば分かりあえます

『女20代 「私」を信じる(大和出版) 自分らしい人生へのヒント』
[著]下重暁子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

背伸びしないで彼の両親から好かれる秘訣


“いい子”ぶるとあとがたいへん!



 人間関係で一番難しいのは、彼の両親との関係であろう。違う環境で育ったのだから違和感があるのは当然のこと、その違いをどの程度認めあえるか、理解できるかがまず問題である。


 自分の家庭と比較したり、友人の彼の家庭と比較するのはつつしむべきである。


 両家の習慣や味が違うのは当然だとして、その違いを面白がったり、楽しんだりするゆとりをもちたい。


 あまり背伸びせず、彼の両親に対し、知らないことは知らないとフランクにいい、興味のあることは教えてもらう。最初からいい子ぶらないほうがいい。彼の両親に気に入られたい気持は分かるけれど、いい子だと思われたいあまり無理をしすぎると、化けの皮がはがれる。


 演技がしんどくなってきて、爆発した時が恐しい。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2881文字/本文:3233文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次