読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1144949
0
誰も教えてくれない 真実の世界史講義 古代編
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三節 地中海のライバル、カルタゴとローマが戦ったポエニ戦争

『誰も教えてくれない 真実の世界史講義 古代編』
[著]倉山満 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アレキサンダー大王が残した帝国が分裂してグダグダになっていたころ、イタリア半島で勃興してきた国があります。共和政ローマです。伝説によれば、紀元前七五三年に王政ローマが建国されました。それを紀元前五〇九年に倒して共和政を樹立し、史実によれば紀元前二七二年、半島南部のマグナ・グレキア(大ギリシャ)という地域のギリシャ人を征服してイタリア半島を統一しました。


 こうして共和政ローマが勢力を伸ばしはじめたとき、地中海を挟んだ向こうのアフリカにカルタゴという大国がありました。ちょうど今のチュニジアあたりです。


 チュニジア共和国の公式見解によれば、紀元前八一四年にカルタゴは建国されました。今のシリアあたりから、この地に移り住んできたフェニキア人が住み着いてつくった国です。


 フェニキア人はユダヤ人と同様、メソポタミアのセム系の人々です。メソポタミアとカルタゴの関係は、ちょうどブリテンと米国の関係のイメージだと考えればわかりやすいでしょうか。すなわち、ブリテン島から行った人たちがアメリカ合衆国をつくり、大国になったというような関係です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3886文字/本文:4353文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次