読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1145494
0
本当に不思議な世界の風習
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
vol.15 「口寄せ」で死者を呼び寄せる? 東北地方のシャーマン・イタコの仕事

『本当に不思議な世界の風習』
[編]世界の文化研究会 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  現代のシャーマン



 神や自然界の精霊などと交信する力を持つとされる祈祷師で、古代においては政治や社会に絶大なる影響力を持っていたのが、「シャーマン」と呼ばれる人々だ。


 邪馬台国の女王・卑弥呼も、シャーマンだったのではないかという説もある。


 そんなシャーマンは、さすがに現代の日本には存在しないようにも思えるが、実は、その「後継者」と呼べる人々がいる。


 それが、あの有名な「イタコ」である。


 イタコは東北地方の(かんなぎ)(神の意思を一般人に伝える人)の一種で、イタコという名称は、「()()」が訛ってできたものという説が有力である。


 おもに盲目、あるいは弱視の女性が厳しい修行の果てにイタコになるというケースがほとんどだが、時には男性がイタコになることもあるようだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1947文字/本文:2286文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次