読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1145712
0
生き抜くための恋愛相談
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「過去の美化」や「思い出補正」のメカニズムを考える

『生き抜くための恋愛相談』
[著]桃山商事 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

元カレが忘れられない次に進むためにはどうすれば?

お悩み

いい人が現れても、

つい昔の恋人と比べてしまいます




 2年前に別れた元カレのことが忘れられません。いまだに週に3回も夢に出てきます。


 好みだと思える人が現れても、元カレと比べてしまい、なんとなく好きになりきれません。あんなに優しくて楽しい人は他にいないと思ってしまうのです。そのせいで、2年間彼氏がいません。


 忘れられないことは仕方ないと思っています。ただ、そのせいで新しい恋ができないというのが悩みです。ちなみに、こっぴどいフラれ方をしたので、復縁の望みはゼロです。

30歳・奈美)




 奈美さんは元カレが忘れられないことに悩んでいます。〈復縁の望みはゼロ〉だと言うものの、いい出会いがあってもつい元カレと比較してしまい、新しい恋ができないでいる……。これが奈美さんの現在地です。


 相談文にある〈いまだに週に3回も夢に出てきます〉という言葉を読んで、清田の脳内にはかつての失恋体験がよみがえりました。というのも、清田は6年間付き合って別れた元カノを引きずり、奈美さんと同じようにまさに週3で夢を見続けていた時期があるからです。当時、「昨夜も彼女が夢に出てきて……」という夢報告を頻繁に聞かされていた森田は、清田のことを“週3ドリーマー”と呼んでいました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4573文字/本文:5125文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次