読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1145789
0
アメリカの世界戦略を知らない日本人
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 アメリカは中国経済の大きさを怖いと思わない

『アメリカの世界戦略を知らない日本人』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 二〇〇二年十月十日、通商問題のアメリカの総責任者になっているロバート・ゾーリック通商代表に会った。この日、ワシントンは暴風雨に近い雨が降り、朝から交通が渋滞していたが、ゾーリック代表はインタビューの場所であるアメリカ通商代表部へ、約束通り午前八時半に現れた。

 アメリカ通商代表部はホワイトハウスの事務局ともいえるOEB、旧行政府ビルの道ひとつ隔てた西側にある。通商代表部はブッシュ政権のスタッフがすべて入っているホワイトハウスから物理的に離れた場所にあるが、政治的にも行政的にも、独立しているという噂が強い。

 それは新しく通商代表になったロバート・ゾーリック氏がブッシュ政権の中で、独立した権限と政治力を持っているからである。彼は自らの考え方に従ってブッシュ政権の貿易政策を推し進めている。

 ロバート・ゾーリック通商代表は多忙なこともあって、アメリカのテレビにもほとんど顔を出したことがない。長年の友人で政治評論家のロバート・ノバック氏とは親しいと聞いて頼んでみたら、どういう風の吹き回しかインタビューに応じてくれた。

 この日のインタビューのメインテーマは、日本の金融市場の自由化とアメリカの景気の見通しだった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3967文字/本文:4474文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次