読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1145925
0
他人の目を気にしない技術(大和出版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 「いい子でいたい」気持ちが、劣等感を生む

『他人の目を気にしない技術(大和出版)』
[著]諸富祥彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  「ダメな子」と言われないための努力



 ところで、心のあり方に悪影響を与える呪文の発信者の代表的な存在は誰かといえば、母親です。「ダメ」の呪文を自分に唱えがちな人の少なからずは、母親が発する「あんたはダメね」に類する呪文を浴びせられ続けた人です。特に女の子の場合、母親の唱える呪文の影響はより大きくなるとみてよいでしょう。


 子どもの心にある「母親に気に入られたい」願望は、強烈です。思春期あたりから反抗が目立つようになるにしても、やはり心の奥底では母親に気に入られたい。母親に愛してもらいたくて、機嫌を気にしているのが、子どもというものです。


 母親に気に入られる努力を重ねて、望まれた道をほぼはずれることなくずっと優等生・いい子で育った女性の姿を想像してください。昨今、このタイプの女性はとても目立ちます。


 このタイプの女性、すなわち優等生のまま、母親のいい子であろうと努め続けて大人になった女性は、自分が母親になってからも、母親の目から見て“優等生の母親”であろうとします。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3722文字/本文:4160文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次