読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1145946
0
他人の目を気にしない技術(大和出版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 「こころの声」が教えてくれること

『他人の目を気にしない技術(大和出版)』
[著]諸富祥彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  小さな「こころの声」に耳を澄ます──フォーカシングの実習



 フォーカシング。それは、自分の内なる声に耳を傾ける方法。静かにやさしく、自分のこころのメッセージを受けとっていく自己発見の方法です。自分の「内側」に響かせ響かせしながら、ぴったりの言葉を探して、ものを考えていく方法と言ってもいいでしょう。


 静かに、そしてていねいに自分のこころの声を聴いていくこの方法は、日本人の体質に合っているのか、今、各地で大変人気を集めています。


 なお、これからの説明には「フェルトセンス(からだの感じ)」という言葉が何回も出てきます。


 英語ではフェルトセンス(felt sense)と呼ばれるこの繊細な「からだの感じ」が、フォーカシングではきわめて重要な意味を持っています。


 自分の内側のどこかで感じる、何かそこに大切な意味があるように感じられるけれども、それが何であるかはまだよくわからない、あいまいな、「感じられる感じ」「感じられる意味感覚」(フェルトセンス)。フォーカシングでは、この、フェルトセンスにこそ、その人が気づくべき人生の大切なメッセージが潜んでいる、と考え、そこにやさしく意識を向けていくのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3785文字/本文:4285文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次