読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
50
kiji
0
0
1146525
0
なぜあの人はいつも助けてもらえるのか
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5|自分の根っこを持つ

『なぜあの人はいつも助けてもらえるのか』
[著]藤巻幸大 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

自分の根っこを持つことが信用につながる

 人から可愛がられる人というのは、「こいつダメだなぁ」と心配になるような未熟な部分を持っていると同時に、「こいつは磨けば光る玉だな」とか「将来伸びそうだな」という予感を抱かせてくれる人物でもあります。

 いまはダメでも将来伸びシロがある。そう感じさせる若い人はいるんですね。で、実際そういう一見ダサくてドン臭い人物ほど、可愛がられて化けるケースがある。

 僕自身も若い頃はそんな部分があったし、僕自身もいま若い人たちを見ているとその感を強くします。

 同じようにドン臭くてダメな部分が多くても、きらりと光る人物とそうでない人物の違いは何でしょうか? 僕が思うに、それは根っこがあるかどうかだと。

 これまででも少し触れましたが、何か存在自体がとても明確で鮮明な像を結んでいる人物っています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2990文字/本文:3350文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次