読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1147141
0
おんな今も昔も史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
レディー・ミツコはお姫様か暴君か?

『おんな今も昔も史』
[著]泉秀樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本という国がロシアを倒した。

 日露戦争は当時のヨーロッパの人々を驚かせた。東洋の小国・日本が大国ロシアに勝てるとは誰も思ってもみなかったのである。

 ロシアに脅威を覚えていたオーストリアでも日本の勝利は歓声をもって迎えられたが、その首都・ウィーンの社交界で注目を浴びる一人の小柄な日本女性がいた。クーデンホーフ伯爵未亡人・光子である。

 そのころのオーストリアは現在のユーゴスラヴィア、ルーマニア、イタリアの一部などをふくむ広大な領土を持つ一大帝国であった。しかし、帝国は時代の巨大な波に飲みこまれようとしており、首都のウィーンは退廃と憂愁に満ちた空気がただよう都市でもあった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1671文字/本文:1960文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次