読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1148175
0
長生きしたけりゃ、今すぐ朝のパンをやめなさい。
2
0
12
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
朝ごはんで人生の勝利者に

『長生きしたけりゃ、今すぐ朝のパンをやめなさい。』
[著]永山久夫 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
12
| |
文字サイズ


 現代人にとって朝ごはんを食べるか、食べないかは、ちょっとオーバーに表現すれば天下分け目の戦いみたいなものです。つまり、勝つか、負けるか。

 仕事ばかりではありません。

 ビジネス、能力開発、健康、長寿、すべての出発点が朝ごはんなのです。

 脳はあらゆる形で入ってくる情報の処理マシーンであると同時に、記憶の貯蔵庫ですから、性能のよしあしが、仕事にも長寿にも影響します。

 頭脳が正常に働くために欠かせないのがブドウ糖。その理想的な供給源こそ米のご飯で、米には約七五パーセントの炭水化物が含まれています。

 炭水化物は多糖類とよばれる糖質で、体内で単糖類のブドウ糖に分解され、脳や筋肉などが働く時に必要なエネルギー源となります。脳の唯一のエネルギー源が、主として炭水化物から作られるブドウ糖なのです。

 ご飯は、粉食のパンやうどんなどと違って粒食ですから、消化されるのに時間がかかります。ご飯が腹持ちがよいということは、脳のエネルギー源として持続力が長いので、脳がより長く、健康的に働くことができるということになります。

 昔はどこの家でも、お母さんが朝早く起きてご飯を炊き、味噌汁を作りました。

 日本人は炊きたてのホカホカしたご飯が大好き。ひと粒、ひと粒が立っていて光沢があり、ほのかに甘い。食べると、いかにも体内に「米の力」がしみこんでいくような感じがします。

 そして、おいしいご飯にはちょっと粘り気があり、そのご飯を箸の先で小さなかたまりにして口に運びます。

 ツブツブがお互いにほどよく粘り合い、崩れない程度にかたまりを作っています。

 どのぐらいの大きさのかたまりにするか、日本人は無意識のうちに、箸の先を器用に使いこなして形にしているのです。目安はひと口大。それほど大きく口を開けなくても、品よく入るくらいのかたまりです。

 ご飯だけではありません。味噌汁でも漬け物、海苔、煮豆、焼き魚でも、すべて、この二本の箸で取り分けて口に運ぶのです。

 指先には神経細胞が集中していて脳と直結しており、指先をひんぱんに使うということは脳の活性化に効果的。脳の老化防止にも、長生きにも役立ってきました。

 元気で長生きの人はいつもニコニコと笑顔を絶やさず、食事の時、自分の箸でしっかりとご飯を食べます。

 生涯現役というのは「生涯箸使い現役」のことなのです。朝ごはんはもちろん、ご飯を食べることは、味を楽しんで栄養をとることに加え、実は、指先と脳の若々しさを保つことであるかもしれません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
12
残り:0文字/本文:1031文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次