読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1148177
0
長生きしたけりゃ、今すぐ朝のパンをやめなさい。
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
朝の味噌汁には「十徳」がある

『長生きしたけりゃ、今すぐ朝のパンをやめなさい。』
[著]永山久夫 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ひと昔前の日本の朝は、台所から聞こえてくるまな板を叩くトントンという音と、味噌汁の甘い香りではじまりました。

 飽食の現代から思えばずいぶん質素な朝ごはんでしたが、家族そろってチャブ台(食卓)をかこむ幸せが、味噌汁の香りと湯気の中にほのぼのと立ちのぼっていました。

 おいしい味噌汁をすすると元気と気力が湧き、「よし、今日も一日がんばるぞ」と、体中に力がみなぎったものでした。

 味噌汁は日本人のソウルフード(魂の食)なのです。

 味噌とカツオ節のアミノ酸で満ちた栄養スープであり、心をなごやかにするふるさとの味でした。その家好みの味噌の味があり、だしのとり方、野菜などの材料の好みがあります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2292文字/本文:2586文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次