読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1148647
0
吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第6章 挑戦について ──正之助の言葉──

『吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉』
[著]坂本優二 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


五三 勝負はまだ終わっていない


ときには、

無茶もやらな

アカンときがあるんや。



参考『吉本八十年の歩み』(吉本興業)



 第二次大戦の戦災で、吉本は劇場の大半を失い、当時の正之助は、修繕や建て替えに奔走していました。経済的にも、ぎりぎりの状況でした。


 そんなとき正之助は、金融機関との交渉の末、

「お前らのいい方が気に食わん。そやから、金は払わん」


 と突っぱねて、返済期限を無理やりに延ばしたことがあります。当然、正之助も、自分が無茶なことをいっているとはわかっていました。


 ところが結果的に、この無茶を押し通すタフさが、窮地を打開する原動力になりました。


 絶望的な状況に置かれても、しぶとく生き残る道を探れるかどうか。絶対に負けない、という気持ちを持ち続けることができるかどうか。それがあったからこそ、吉本は戦災という困難の中、奇跡的な復活をとげていったのです。

「ときには、無茶もやらなアカンときがあるんや」


 この正之助の言葉は、窮地に追い込まれている人に、闘う勇気を与えてくれます。



最後まであきらめずに闘う


五四 人生は「スピード勝負」だ


一番に飛び出せ!

負けたらあかんぞ。



参考『わらわしたい』(河出書房新社)



 正之助の性格の一番の特徴は、「スピード感」です。


 面白そうだと思ったら、まず動いてやってみる。結果はあとから考えればいい。


 せいとともに寄席を買収していく、経営判断のスピードも並外れていました。


 こうした正之助の性格は、日ごろの行動にも表れていました。


 せかせかと動き回り、食事も他人の三倍は速く食べる。晩年にあっても、かまずに飲み込んでいるかのような早食いぶりに、部下たちも健康に悪いと心配していたほどでした。


 車の運転手に対しては、

「右や、右が空いとる。右に行かんかい! こら、もたもたせんと、早う追い越せ! 赤信号では一番前に停まれ。信号が青になったら、一番に飛び出すんやぞ。負けたらあかんぞ」


 と声をあげ、「負ける」ことを決して許さない。


 その姿はまさに、「人生にブレーキはいらない」といっているかのようでした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4724文字/本文:5584文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次