読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149174
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「日本は戦前回帰」の本当のところ

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本語で使う「愛」という言葉は、一つ間違えると大変に意味あいが変わってくる、難しい言葉だと思います。


 たとえば「愛妻」と「愛人」は、まったく与える感じが違います。後者の場合は、それがたとえ純愛であっても、どこかよこしまな「色」がついてしまいます。これは「愛国」という言葉でも同じです。


 かつて愛国とはすなわち、日本という祖国を文字どおり愛することであったわけですが、戦後のGHQによる教育宣伝方針で、この言葉には「軍国主義」のイメージがつけられ、また怖そうな右翼の人々が「愛国者」を名乗って、他人の迷惑などおかまいなしで、大きな音を立てながら街宣車を走らせるのを見せつけられた一般人は、「愛国とは、なんだかいかがわしくて怖いもの」というイメージを持っています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1049文字/本文:1380文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次