読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149178
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
英文契約書からわかる日本語の奥深さ

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 愛国心の根源を考えていくと、そこには家族や郷土、歴史文化など、色々な要素があるわけですが、自らの祖国や所属する社会を愛する精神を最終的に支えているのは、その国の「言葉」ではないでしょうか。


 日本には日本語という、とても美しい言葉があります。そして、この独自の言葉を巧みに操れるからこそ、日本人の精神は奥が深く、敏感で、かつ感情豊かなのだろうと思います。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:871文字/本文:1048文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次