読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149184
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
驚くべき「百人一首」のレベルの高さ

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 はるか昔から、庶民階層が芸術的な歌を詠む伝統があった日本は、当然のことながら、識字率もとても高い社会でした。


 その点で、一つ興味深いのが「百人一首」です。代表的な歌人一〇〇人の代表的な一首を選び出したものですが、現在、よく知られているものは、十三世紀前後に藤原定家がまとめたとされる小倉百人一首です。七世紀から十二世紀、十三世紀までの歌が集められていますが、選ばれた人々の内訳を見ると、天皇が男性七(かた)、女性一方の合計八方。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1280文字/本文:1496文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次