読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149191
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
スピード違反した弟に警官がいったこと

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アメリカでは今日でも、「Grass Roots Patriots(草の根の愛国者たち)」の精神が根強く生きています。いざというときには、国家を守るためにアメリカ国民の全員が立ち上がらなければなりません。国民総動員法ではないのですが、要するに国家とその理想を守ることは全国民の義務であり、常識なのです。「戦争になったら外国に移住する」などと考える人物は、アメリカ人の常識からいえば、典型的な「非国民」です。


 話がそれました。アメリカの法律には、まさに「草莽の精神」の名残が今でも色濃く残っています。アメリカには州兵制度がありますが、彼らは草莽たる民兵を組織化してできたものです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2086文字/本文:2375文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次