読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149193
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
信じられない日本兵の強靱さ、気高さ

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本人は本来、(きよう)(じん)()(だか)い精神を持った民族です。それは、先の大戦で日本と戦って、多くの血を流した私たちアメリカ人が、いちばんよくわかっています。


 日本人のそのような戦いぶりを象徴するのが、ペリリュー島の戦いでしょう。


 当時、島を守っていたのは、(なか)(がわ)(くに)()大佐率いるペリリュー守備隊でしたが、わずか一万一〇〇〇人の日本軍は、ここで屈強なアメリカ海兵隊と戦います。


 小さなペリリュー島など四日で奪取できると考えていたアメリカ軍は、島に対して(すさ)まじい量の艦砲射撃と航空爆撃を加え、さらに日本軍の四倍もの兵力を投入しました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1455文字/本文:1748文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次