読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149201
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「五箇条の御誓文」が示した理想

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 先ほど挙げた仁徳天皇の例ばかりでなく、古来、天皇は日本人に「理想」を示す存在でした。


 天皇が示した「理想」の中で、絶対に忘れられてはならないと思うのは、一八六八年(慶応四年)に明治天皇がお示しになられた「()()(じよう)()(せい)(もん)」です。


 この「御誓文」という言葉面を見ただけで、「なんだか右翼っぽい」と思う人は意外と多いらしく、私がこの話をした人の中でも、決して少なくない人たちが、軽い拒否反応を示したので、驚いたことがあります。


 しかし、なんでも食わず嫌いはいけません。一度その内容を読めば、「五箇条の御誓文」がとても先進的なものであり、現代の日本人のみならず、民主主義の守護神を自任するアメリカ人ですらも尊重すべき内容であることがわかります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1278文字/本文:1619文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次