読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149212
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
もし欧米の社会がキリスト教を否定されたら?

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 もちろん、この「国体」という言葉は、私自身にとっても非常にわかりづらいものでした。最近、天皇についての寄稿をある雑誌から求められた折にも、「日本人の美意識や死生観に根ざした部分は、合理的な思考を(むね)とするアメリカ人には、どうしても理解できない気がする。国体護持の問題がその典型で、先の大戦でなぜあれほど多くの若い日本人が、自らの命を投げ出してまで国体を(まも)るべく戦ったのかは、合理的な理解では割り切れない。私ですら、『理解できます』などと()(かつ)に口にしてはいけない感覚がある」という趣旨のことを述べました。


 これは正直な思いです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1635文字/本文:1913文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次