読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149213
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ヘレン・ミアーズが理解した日本

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ほとんどの欧米人は、日本の「国体」について理解できていないと思いますが、もちろん、日本のことを理解した人たちもいました。


 戦後、占領軍の一員として日本にやってきた東洋史学者のヘレン・ミアーズ女史は、数百年にわたって世界各地を植民地にして暴利を(むさぼ)っていた欧米諸国の、日本に対する貧しい理解と、その(いちじる)しい偽善ぶりに激しく反発し、『アメリカの鏡・日本』と題した本を、終戦からわずか三年後の一九四八年にアメリカで出版しました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:914文字/本文:1135文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次