読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149214
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本人の誇りを守ろうとした勇気あるアメリカ人

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 また、戦後も皇室を守ろうとした数少ないアメリカ人の一人に、ジョセフ・グルー元駐日大使がいます。戦前、日米開戦を止めようと(ほん)(そう)したグルー大使は、日本人の天皇陛下に対する強烈な敬愛の意味をよく理解していました。彼はそれを「信仰」と表現しましたが、その意味は、大東亜戦争を「狂信的な宗教戦争」としか捉えられなかった多くのアメリカ人のそれとはまったく違っていました。


 グルー氏は、天皇は廃位されるべきとの考えも強かった当時の国務省内で、日本人には自らの政体を選ぶ権利があると主張しました。国務次官となった一九四四年末には、天皇を「(じよ)(おう)(ばち)」にたとえ、「もし、群れから女王蜂を取り除けば、巣全体が崩壊するであろう」とし、天皇は戦後の日本の「唯一の安定」要因であるから維持すべきだと主張したのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1563文字/本文:1926文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次