読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1149222
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
東京裁判の判事すら東京裁判を非難した

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 こんな裁判を続けるうちに、連合国の裁判官の中でも疑問を感じる者が出てきました。


 たとえば、オランダ代表のベルト・レーリンク判事は、東京裁判の根拠が、マッカーサーの命令に基づいてつくられた「極東国際軍事裁判所条例」だけで、国際法を無視するようなものであった点について、こう批判しています。


〈国際裁判所が、正義に基づいて処罰を加えることを求められているにもかかわらず、自ら正義の法理を適用しているか否かを審査する権能や義務さえ与えられないで、たんに戦勝国の最高司令官の定めた法規を適用しなければならない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:815文字/本文:1066文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次