読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1149234
0
ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者紹介

『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』
[著]ケント・ギルバート [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ケント・ギルバート[Kent Sidney Gilbert]

米カリフォルニア州弁護士、タレント。

1952年、米国アイダホ州生まれ、ユタ州育ち。71年、米ブリガムヤング大学在学中に19歳で初来日、九州を中心に約2年居住。75年、沖縄国際海洋博覧会の際にアメリカ館ガイドとして再来日、米空軍嘉手納基地内に約半年居住。80年、米ブリガムヤング大学大学院を卒業し、法学博士号と経営学修士号、カリフォルニア州弁護士資格を取得。東京の国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。その後もバラエティ番組、ドラマ、CM、映画、講演等の多方面で活躍。近年は企業経営や執筆活動も行なう。

読売テレビ系『そこまで言って委員会NP』、DHCテレビ『真相深入り!虎ノ門ニュース』などに出演中。夕刊フジ連載『ニッポンの新常識』、まぐまぐ有料メールマガジン『ケント・ギルバートの「引用・転載・拡散禁止!」』のほか、Amebaブログ、Facebook、ツイッターなどでも情報発信を行なう。

著書に『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』(以上、PHP研究所)、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体』(角川新書)、『日本覚醒』(宝島SUGOI文庫)、『米国人弁護士が「断罪」東京裁判という茶番』(ベストセラーズ)など多数。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:655文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次