読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
30
kiji
0
0
1150208
0
東北力
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
財閥の道を進まず、人々の幸せを求めた酒田の本間家

『東北力』
[著]東北をこよなく愛する会 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 東北を語るうえで避けて通ることができないのが本間家である。山形県酒田市を中心に広大な地所を所有していたことから、「酒田本間氏」ともいわれている。

 本間家は、鎌倉時代初期に佐渡国守護となった大佛氏の守護代(代理人的存在)として佐渡に入った本間能久の子孫といわれており、第二次世界大戦後に農地解放が行われるまで日本最大の地主だった。その経済力の大きさは「本間様には及びもせぬが、せめてなりたやお殿様」という歌が残されているほどである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:784文字/本文:1000文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次