読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1150765
0
三流になった日本の医療
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
外科病棟勤務の看護師の勤務状況(深夜勤編)

『三流になった日本の医療』
[著]若倉雅登 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 さきほどの病院のその後、深夜勤の様子を、今度は看護師十一年目の杉田悦子さんの日誌から覗いてみる。杉田さんは、救急科、耳鼻咽喉科病棟の看護師を経験したのち、出産子育てで一時職を離れていたが、二年前外科病棟看護師として復帰している。

 外科病棟の深夜勤(二三:〇〇〜九:〇〇)は、リーダー看護師の彼女と、A、Bチームを受け持つスタッフ・ナース各一名、計三人体制であ。

二二:四五 出勤。

      患者の情報収集。
二三:〇〇 引継ぎ。
二三:五〇 A、Bスタッフ・ナースとミーティング。

      病室巡回(まずリーダーの自分が安全確認巡回をする)。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1378文字/本文:1649文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次