読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1151253
0
困難を乗り越える力
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
民族紛争のため差別を受けても自分を受け入れた人々

『困難を乗り越える力』
[著]蝦名玲子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 実は、「ありのままの自分」を否定したり、隠したりしながら生きている人は、困難を乗り越える力(SOC)が低いという結果が得られている。

 私が旧ユーゴ紛争の生存者研究をしてきたことは、ここで何度も触れているが、この戦争は民族紛争である。今までユーゴスラビア社会主義連邦共和国という一つの国に、ユーゴスラビア人として住んでいた国民がいきなり、国ができる前の民族にさかのぼって、つまりクロアチア人、セルビア人、ムスリム、と民族別に分かれたうえで対戦したわけなので、当然、一つの国だった頃に、それらの各民族の男女が愛し合い、子どもを生むこともあった。そうした子どもたちは、戦争が起こるまでは、皆と同じ「ユーゴスラビア人」だったのに、戦争が勃発してから、いきなり、「混血」と呼ばれるようになり、ひどい差別や嫌がらせを、所属している民族の人々からも、所属していない民族の人々からも受けてしまう、つまりほとんどの人からつまはじきにされることになったのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1555文字/本文:1977文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次