読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1151278
0
困難を乗り越える力
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
具体例に見る 困難を乗り越える力(SOC)を高める取り組み

『困難を乗り越える力』
[著]蝦名玲子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 仕事上、さまざまな会社を訪れているうちに、その会社が元気かどうか、入った瞬間の雰囲気で、なんとなくわかるようになってきた。元気な会社には、明るく、なんともいえない温かい雰囲気があるのだ。

 そこで詳しく聞いてみると、具体的な取り組み内容は、各社により異なるが、元気な会社は、社員の「わかる」「できる」「やるぞ」という気持ちを高めるような取り組みをしていることに気づいた。

 では、社員の「わかる」「できる」「やるぞ」という気持ちを高めるような取り組みとは、具体的にどのようなものがあるのか。事例をまとめて紹介しよう。

わかる感を高める――理念を浸透させる工夫

 ほとんどの会社が企業理念を掲げている。その理念が「そうだ、わが社はこれを達成するために、この世に存在しているのだ。使命を果たし続けられるようにがんばろう」と社員皆がその実現を心から望み、苦労もいとわず努力しようと思えるようなものであれば、社員の力を一つにまとめることができる。また、理念がしっかりしていると、仕事で困難な状況に陥り、どのように行動していいかわからなくなったとき、その理念を基に判断することができるので、混乱に惑わされずに済む。

 そうした理念に対して、社長をはじめ経営陣は、深い思い入れを持って、それを心に刻んで、日々行動していることだろう。その一方で、一般社員は「見たこと、聞いたことはあるけれど、覚えていない」「知ってはいるけれど、ピンとこない」というレベルである会社は少なくないようである。

 では、どうすれば、理念を浸透させることができるのか。

 理念を浸透させるには、理念を行動項目として明確化するといい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5938文字/本文:6629文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次