読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1152079
0
なぜか「応援される人」の習慣
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『なぜか「応援される人」の習慣』
[著]藤崎ひろみ [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 あなたがこの世に誕生して以来、数えきれないほどの人たちと出会ってきたことでしょう。その中には、あなたにとってストレスを感じる人、イライラさせられたり反感を覚える人たちもいたかもしれません。でも、そういう人もふくめ、すべての人があなたの「応援者」です。新しいステージへ進む選択に導いてくれたり、自分らしく生きることを目覚めさせてくれる「おかげさま」の存在なのです。

 あなたは、生まれた瞬間から、幸せを願ってつけられた「名まえ」にはじまり、家族や家族以外の見ず知らずの大勢の人たちの「おかげさま」で生かされてきました。衣食住をはじめとして、すべて他人の手による他人の思いが詰まった製品、サービス、モノに囲まれて生きていますよね。自分一人だけで生きているつもりでも、実に多くの人たちの「より幸せに」という「思い」に囲まれた環境で生きているのです。

 そんなことに思いをはせると、身体の底から「ありがとう」が充満してきます。

 駅、電車、お店、カフェ、映画館、すれ違う人々など、すべての存在によいも悪いもなく、幸せを願い社会を支えあう同志に思えてくるのです。

 応援力は感謝力! 人を元氣づける「応援力」は、すでにあなたの中にあるものです。

 私の人生を振り返ってみると、人生が大きく変化したきっかけの種は、順境のときではなく、困難の中にありました。人との関わり方や生き方を根本的に変える必要性に迫られたり、新しいチャレンジをせざるをえなかったり、結果的に大きな決断をすることが多かったように思います。ぬるま湯から出て熱いお湯に入るのは勇氣がいります。でもそれをあえてしたからこそ、今の私があるといえます。

 とはいえ、苦手なことや嫌いなことが少ないのに越したことはありませんよね。困難を少しでも軽くしてくれたのは、周囲からの応援の力でした。応援が、どれほど困難を力に変えてくれたことか。だからだれかを応援したくなる。
「やればできる!」とまずあなた自身があなたの応援者になること。他人目線でなく、自分の人生の主人公としていきいきと生きることは、それだけでだれかを元氣にします。あなたにはその力がある!


 最後に、十五年前の邂逅以来、私の脳力を鍛え、人間力向上の天職に導いてくださった恩師のヒューマンウェア研究所所長の清水英雄先生、幸子奥様、江戸がたり家元の寿々方先生に心より感謝いたします。ありがとうございます。

 ヴィクトリー・プロジェクト立ち上げの同志で応援のエキスパートであるチーム・ファシリテーターの上重勝彦さん、積宏明さん、同じく第六期までVプロを盛り立ててくれた武居由紀子さん、発芽*レイキアカデミーの矢尾こと葉さん、矢尾寛明さん、第七期から参画の佐藤久美子さんをはじめ、麹町ZENカフェマリーナオーナーの田滋さん、Vプロに参加されたみなさま、ありがとうございます。楽しくて清々しい仲間たちとのご縁と、夢応援の喜びと感謝でいっぱいです。

 PHP研究所書籍第二部、副編集長の佐藤義行さん、四井優規子さん、有限会社イー・プランニングの須賀柾晶さん、石井栄子さん。この素晴らしいチームのおかげさまで本をカタチにすることができました。本当にありがとうございます。

 いつも無条件の愛で見守ってくれている両親と弟、ここには書ききれない私の大切な人たち、そして、この本を手に取ってくださったあなた。これまで出会ったすべての方々に、ありがとうございます。

 あらためて、これまで多くの方々に出会い、支えていただいたことで今の私がいることを実感し、感謝の思いでいっぱいです。

 あなたが夢の第一歩を踏み出し、応援しあえる仲間と出会い、夢をカタチにする喜びをたくさん共有できますように。

 他人の喜びを自分の喜びと感じることができたら、あなたは「成幸した」といえるでしょう。

 二度とない人生、あなたが元氣でいること、笑顔でいること、幸せでいることを心から願っています。

 ありがとうございます。

藤崎ひろみ
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1658文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次