読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1152355
0
世界一わかりやすい哲学の授業
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第12講 アーレント『人間の条件』──毎日を生き生きと過ごすためには?

『世界一わかりやすい哲学の授業』
[著]小川仁志 [発行]PHP研究所


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


生き方を提言する哲学書


先生:今日はハンナ・アーレントの『人間の条件』を取り上げましょう。

A子:たしか『全体主義の起源』が主著ですよね?

B夫:全体主義ってあのナチスの?

先生:そうです。アーレントというのはユダヤ人で、ドイツに住んでいたのですが、ナチスドイツの迫害から奇跡的に逃れて、若いころアメリカに亡命します。そしてあの全体主義がなぜ生じたのかを詳細に分析しました。その成果が戦後間もなく発表された『全体主義の起源』なのです。『人間の条件』はその七年後に書かれたものです。

C吾郎:どうして先生は『人間の条件』のほうを選ばれたんですか?

先生:詳しくは今からお話しするわけですが、『人間の条件』では公的なものや自由を中心に論じられています。全体主義がそういう公的なものや自由の欠如によってもたらされた点に(かんが)みるならば、むしろ『人間の条件』において原理的なものが提示されていると考えられるからです。

A子:主著『全体主義の起源』の原理解説本みたいな位置づけなんですね。

先生:そういうことです。それともう一つ、この本はC吾郎さんの役に立つんじゃないかと思って。

C吾郎:私の?

先生:というのも、『人間の条件』は生き方の提言として見ることもできるわけです。

C吾郎:なるほど。私の第二の人生の歩み方にとって参考になるわけですね。



仕事と労働は別のもの?


先生:そうなるといいなと思いまして。では早速見ていきましょう。まず第一章「人間の条件」の冒頭で、アーレントは三つの基本的な人間の活動力について論じます。それは労働(labor)、仕事(work)、活動(action)というものです。

B夫:労働と仕事って違うんですか?

先生:あくまでアーレントの区分ですが、労働とは「人間の肉体の生物学的過程に対応する活動力」のことをいいます。つまり生きるために必要とされるものを作り出す活動ですね。したがって労働の人間的条件は、生命それ自体だとされます。

C吾郎:なんだか肉体労働のイメージですね。

先生:ええ。これに対して仕事のほうは、「人間存在の非自然性に対応する活動力」のことをいいます。非自然性というのが難しいですが、すぐには消費されないものを表しています。たとえば仕事の成果物として「工作物」が挙げられます。家具とか機械とか。これらはすぐに消費されるのではなく、使用されるものですよね。そんな仕事の人間的条件は「世界性」だといわれます。

B夫:世界性?

先生:工作物が皆に使用されるという意味で、共有性みたいなものでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5588文字/本文:6640文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次