読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1152497
0
東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか データリンクと集団的自衛権の真実
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
韓国へのTHAAD配備を嫌がる中国

『東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか データリンクと集団的自衛権の真実』
[著]能勢伸之 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ならば、こうした動きに対して韓国の備えはどうなっているのか。一連の北朝鮮による発射に先立つ二〇一四年一月十五日、韓国議会における()(スン)〓(ミン)国防委員会委員長主催の安保関連セミナーで、韓南大学の(チエ)(ボン)(ワン)教授(国防武器体系・M&S研究センター長)は興味深いシミュレーションを披露した。「北朝鮮が核を搭載した弾道ミサイルの角度を調整して発射すれば、朝鮮半島全域に対して攻撃が可能」(聯合通信 二〇一四年一月十五日付)という。崔教授のシミュレーションは、一tの核弾頭を射程一〇〇〇〓級のノドンに搭載し、北朝鮮北東部・()()(ダン)()の射場から(約四五〇〓離れた)ソウルに向けた発射を想定。六百七十五秒後に弾着するが、その飛翔時間のうち、五百五十一秒は大気圏外(高度一〇〇〓以上と仮定)を飛び、大気圏内での飛翔時間は百二十四秒になる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2823文字/本文:3210文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次