読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1152542
0
日本を弑する人々 国を危うくする偽善者を名指しで糺す
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
首相の靖国参拝はナショナリズムをあおっている?

『日本を弑する人々 国を危うくする偽善者を名指しで糺す』
[著]渡部昇一 [著] 稲田朋美 [著] 八木秀次 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 八木 粗雑といえば、加藤氏が二年前(平成十八年)の十二月に出版した『テロルの真犯人』(講談社)という本にこんなくだりがあります。


 小泉元首相が靖国神社を参拝した八月十五日、加藤氏の実家(山形県鶴岡市)が民族派団体の構成員によって放火されるという事件がありましたね。そのことについてはご同情申し上げますが、同書はその“検証”にもページを割いていて、事件について「過度にナショナリズムを沸き立たせようとする風潮や政治的流れ」が背景にあったと述べています。

〈小泉前首相のように「闘うナショナリズム」をあおり、それを政権の支持率浮揚のために利用することは「禁じ手」〉と批判し、さらには〈(小泉氏の)靖国参拝を是とする『産経』でさえ事件後すぐに批判の社説を出したのに、同じ政治家仲間である小泉氏の沈黙は、私には不思議であった〉と記している。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1333文字/本文:1699文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次