読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1152742
0
鉄道でめぐる ゆるり京都ひとり旅
2
0
0
0
0
0
0
旅行
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 なつかしの京都市電

『鉄道でめぐる ゆるり京都ひとり旅』
[著]羽川英樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 京都は日本で最初に路面電車が走った街。1895(明治28)年2月1日、七条停車場(京都駅前)~(しも)(あぶら)(かけ)(伏見)間の6・7㎞を一番電車が走りました。


 今でも京都駅北東側のルネサンスビル前に「電気鉄道事業発祥の地」の石碑が残っています。電車は南区・伏見区の路面区間から途中棒鼻あたりで専用軌道に入って終点の油掛に。ここには枚方・大阪へ向かう三十石船の発着場があり、京阪電車開通までは貴重な接続路線でした。この舟着き場から現在は観光用の十石舟が運航されており、往時をじっくりしのぶことができます。


 この路線の当初の経営は京都市ではなく「京都電気鉄道」という民間会社でした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1751文字/本文:2047文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次