読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1154059
0
「戦国大名」失敗の研究 政治力の差が明暗を分けた
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自然な流れの父子分裂

『「戦国大名」失敗の研究 政治力の差が明暗を分けた』
[著]瀧澤中 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 まず昌幸は、秀吉時代に豊臣家が真田の領土を安〓してくれたことに恩義を感じていたし、昌幸の娘は三成の義弟(宇多頼次)に()していた。


 次に信之は、徳川の重臣・本多忠勝の(じよ)婿(せい)


 そして、幸村が三成の盟友・大谷(よし)(つぐ)の女婿。


 これで考えれば、昌幸・幸村が西軍に、信之が東軍に分かれたのも無理からぬところではある(笠谷(かず)()()『関ヶ原合戦と近世の国制』など)。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:687文字/本文:889文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次