読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1154066
0
「戦国大名」失敗の研究 政治力の差が明暗を分けた
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
リーダーではなくスタッフだった毛利輝元

『「戦国大名」失敗の研究 政治力の差が明暗を分けた』
[著]瀧澤中 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 輝元の失敗は、以下の二点に集約できる。


 一つは、本気で戦う気がなかったということ。


 二つ目は、輝元はリーダーでありながら、スタッフの思考しかできなかったこと。


 まず、本気で戦う気があったかどうか。


 筆者はこの点、輝元には戦う気がなかったと考える。その理由は、


 第一に、関ヶ原本戦に参戦しなかった。


 第二に、大坂城に籠城しなかった。


 輝元と逆のことを考えた武将がいた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:744文字/本文:928文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次