読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1154308
0
世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
なぜソ連は日本侵攻をためらったか

『世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊』
[著]福井雄三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ヤルタで三首脳が会談したとき、スターリンはルーズベルトの要請を容れて、ドイツ降伏後三カ月以内に対日参戦すると密約した。その見返りとして南樺太、千島を獲得し、さらには満州の権益も得ることを認められたのだが、ソ連はさらに日本の占領をも要求していた。このソ連の日本占領要求に対し、ルーズベルトは笑ってとりあわなかった。アメリカが四年も血を流して戦った相手の日本を、ソ連にむざむざただでくれてやる道理などどこにもない。それにアメリカにはもう一つ強力な切り札があった。完成が間近に迫っている原爆である。原爆が完成した(あかつき)には、これを日本に投下してソ連を牽制してやろう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1450文字/本文:1735文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次